7月6日 埼玉県生態系保護協会東松山・鳩山・滑川支部設立大会を開催

画像


画像

公益財団法人埼玉県生態系保護協会の池谷奉文会長が祝辞

画像

埼玉県生態系保護協会東松山・鳩山・滑川支部長の小山正人氏のあいさつ

画像

公益財団法人日本生態系協会グランドデザイン研究所の松浦重徳所長の記念講演光景

画像

懇親会 東松山市長も祝辞を述べに参加されました。

画像

懇親会会場のかわせみハウスギャラリーで展示されている高野宏治氏の写真(アユの地引網等)

■埼玉県生態系保護協会東松山・鳩山・滑川支部の設立記念講演を開催
 7月6日、鳩山町ふれあいセンター3階304号室で、埼玉県生態系保護協会の東松山・鳩山・滑川支部の設立大会が午後2時より開催されました。この団体は、東松山市、鳩山町、滑川町の同協会の会員有志が集まって設立するもので、設立の趣旨は「広く社会に自然保護思想を普及するとともに、自然環境及び社会環境に関する調査研究を行うことにより、良好な生態系の保全を図り、もって自然と伝統が共存する持続可能な社会の発展に寄与することを目的に、東松山・鳩山・滑川エリアの生物多様性地域戦略づくりのための活動をしよう」(設立規約案より)ということです。
 具体的に何をするかはこれから話し合わますが、はとやま環境フォーラムは「かわせみハウス」を支部活動のひとつの場として利用していただくなどして、協力していきます。
 支部設立記念企画として、午後2時半より、公益財団法人日本生態系協会グランドデザイン総合研究所所長の松浦重徳氏の講演を開催されました。
 同協会(東京都豊島区)は、北海道黒松内町、千葉県野田市、栃木県小山市等の生物多様性地域戦略の策定や、コウノトリ・トキをシンボルとした地域づくり等、地域の自然資源を生かし経済と結びつけた持続可能な地域づくりの提案、取り組み等で実績のある団体です。
 ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたというニュースのなかで、「生物多様性」という言葉をしばしば耳にするけど、一体何のことかさっぱりわからないという方がほとんどではないでしょうか。今回は「生物多様性」について学ぶまたとない機会となりました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック