2019年4月~2020年3月 熊井の森カレンダー完成!

熊井の森カレンダーが完成しました。
熊井の森写真学校の参加者の皆様のご協力で作成したものです。

熊井の森写真学校は(公財)サイサン環境保全基金の助成を得て、2018年度、2019年度の2年間開校されました。年4回の授業(座学とフィールド撮影)でネイチャーフォト撮影の基本を学び、屋外撮影の際のマナーと生物多様性の基礎知識を身に着けることを通して、里山への理解を深め、里山を共に育むことの大切さを知っていただくのが開校の目的です。初年度は撮影作品でミニフォトアルバムを作成し、2年目の今年度は「熊井の森カレンダー」を作成しました。

<開校日>
第1回 2018年 5月19日
第2回 2018年 7月21日
第3回 2018年 9月15日
第4回 2018年11月17日
 
<講師> 三森典彰氏 ネイチャーフォトグラファー、㈱ビオトープギルド代表、CW・ニコル・アファンの森財団客員研究員、東京環境工科専門学校講師


第2期熊井の森写真学校受講者の皆さんは次の通りです。

新井 修(鳩山町)、内田将英 (川越市)、金 栄植 (鳩山町)、嶋本祐子(松戸市)、小野光子 (坂戸市)、澄川清治(滑川町)、吉田純子(鳩山町)、栗原俊彦 (鳩山町)、加藤 博 (鳩山町)、田子 聡 (東松山市)、根岸廣行 (鳩山町)、石嶋 忠 (鳩山町)、小鷹直樹 (鳩山町)、上野大地 (鶴ヶ島市)、上野菜穂 (鶴ヶ島市)、上野生萌 (鶴ヶ島市)、上野このみ(鶴ヶ島市)、村上詠亮(鶴ヶ島市)、前田博之(新座市)、森脇 進 (鳩山町)、愛場謙嗣 (鳩山町)

<カレンダー>
 2019年4月はじまりで2020年3月まで。

<自然撮影におけるマナーとルール>
・撮影場所で会った人には極力挨拶をしましょう。様々な生きもの情報をもらえることもあります!
・里山での喫煙は絶対やめましょう。森林火災を引き起こす可能性があります。
・里山は田畑が隣接しています。畑に踏み入ったり、農作物を勝手に取ったりしないでください。
・安全・保護のために設置された「立ち入り禁止」の場所には入らないようにしましょう。
・生きものを良く観察し、理解するための努力をしましょう!そうすると出会いのチャンスも増えます!!
・野生の動植物の採取は止めましょう。鳥や動物への餌付けもしないでください。伝染病の感染拡大の原因になる場合があります。
・被写体が昆虫以外の動物の場合、脅かしてストレスを与えすぎないように近づく際やフラッシュ撮影には気を付けましょう。
・三脚の使用は撮影場所のルールに従いましょう。禁止されていない場所でも、狭い通路や木道などでは三脚を使わないようにするか、周囲に気を付けて長時間の使用は控えましょう。
・珍しい動植物の写真やその場の情報をSNSなどで不用意に広めないでください。
・ごみは必ず持ち帰りましょう。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック