石坂の森の鹿は生きていた!

10月15日未明、鳩山の路上で鹿が死んでいるのを通行人が目撃し警察に通報。

埼玉新聞によるとこうです。


鹿が車にはねられ死ぬ(鳩山)   (埼玉新聞10月17日付け)

 15日未明、鳩山石坂の県道で、鹿が死んでいるのを通行人が発見し、西入間署に届けた。鳩山町によると、死んでいた鹿は体長約150センチ。角のある5歳くらいの雄。現場には車のバンパーやヘッドライトの破片などが散乱しており、鹿は路上で車にはねられたらしい。
 付近では約5年前から年数回、鹿が目撃され、撮影されていた。当初は角のない小鹿が時々目撃されていたという。
 同町産業振興課は「5年前まで鹿の目撃情報はほとんどなかった。おそらく、越生や都幾川の山林で生息している鹿が下りてきたのだろう。1頭なのか数頭なのかわからないが、町内で鹿が交通事故で死んだのは聞いたことがない]と話していた。


 実は、既にこのブログで紹介済みのように、これまで鳩山町での鹿の生息は確認されていて、環境フォーラムがやっている夜間定点赤外線撮影でも、確認されていました。下記がその写真で、今年9月20日撮影です。

画像



 で、10月15日に路上で発見された鹿の死体写真(鳩山町産業振興課提供)がこれ。

画像


 環境フォーラムで、このニュースを知り、交通事故にあった鹿が石坂の森で見つかった鹿と同じかどうかの確認をしました。しかし、我々には判断がつかず、「ほかに鹿の目撃情報は聞いていないから、多分、あの鹿だろう」と。でも、もう一度カメラを設置して、石坂の森から鹿がいなくなったかどうか調べようということになりました。
 すると、なんと、鹿が写っているではありませんか。

画像


 この鹿が、9月に写った鹿と同じ鹿かどうかも、厳密にはわかりません。でも、鹿がまだいるのは間違いありませんでした。冷静な判断、再確認するための検証の大切さを実感した次第です。
続報はまた。
 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック