ハト麦の作付けをしました 【ハト麦日記1】

ハト麦.jpg

■健康にいいらしい「ハト麦」の栽培をはじめました。
「ハト麦」と言っても麦ではありません。とうもろこしに近い、イネ科ジュズダマ族の植物です。原産国は中国で、中国南部から東南アジアにかけて広く分布し、日本各地で栽培されています。ハト麦には「ヨクイニン」が含まれ、肌の新陳代謝を促進させイボや皮膚トラブルの改善効果があり、江戸時代から健康茶として親しまれてきました。
 そのハト麦の栽培を手がけている方から苗を提供いただけることになり、これはチャンスと熊井の森でお世話になっている地主さんに相談に行きましたところ、ご自分がすでに畑として使っている熊井の森のすそ野の土地を貸していただけることになりました。肥料も撒いたばかりで、耕運機での畝づくり作業もしなくてよさそう。感謝感謝です。
 5月中旬に苗の植え付け、花は8月から10月に咲き、9月から10月頃にかけて実り、収穫できるようになります。
 うまくいくかどうかは分かりませんが、1年間お試しでやってみて、その経験を次に生かせればと思います。もちろん無農薬です。 

20210512_104439.jpg
 5月12日(水)のハト麦の作付けの様子です。耕運機を運び込み、畝づくりのあと、すでに10㎝ほどに育った苗を30㎝おきに植え付けました。全部で800本ほど。翌日は雨が降る予想だったので、今日中に植え付けが終わればちょうどいいとばかりに、はりきって作付けをしました。

20210513_062114.jpg
これが作付けが終わったハト麦畑です。これからは夏場の水揚げ、草取りです。秋の収穫を楽しみにしています。と言っても、収穫した後どうするかはまだ決まっていません。作業協力者と話し合って、これからどうするか決めて行こうと思っています。問題は収穫までこぎつけれるかどうかです(笑い)。ハト麦づくりをやってみようという方、ぜひお声掛けください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント